お洒落と食べることが大好き
ミセス画報
大阪北部地震
2018-06-19-Tue  CATEGORY: 暮らし
昨日の地震から一夜明け、
なんとか平常運転再開しています

昨日の突然襲った揺れ
怖かったですね〜

なんの前触れもなくいきなりですから
びっくりしましたね・・・

2,3日前に千葉の沖の方で生じたプレートのずれについての
報道がありました

フリップを使った説明だったのでとても分かり易く
‘日本全国どこにいても危ないよね’
って意識がどこかにあったんです

その瞬間、みなさんどうされてたんでしょう?

私は今晩の一品にクラゲとキュウリの酢の物を
作ろうと思って
クラゲの塩抜きが終わりキッチンから
ちょうどリビングに出たところでした

頭の隅にあった記憶と現実に起こったことと
考え併せると

咄嗟に

えーっ、こっちかーい!

って思いましたよ

慌てる自分と冷静な自分と半々

阪神淡路を伊丹で経験していたので
比べながら揺れが収まるのを待ちました

キッチンからちょうどリビングに出たところだったので
後ろを振り返ると、
食器棚の扉が揺れに合わせて開いたり締まったりして
食器がこぼれ始めていました

一瞬考えて扉を押さえに戻りました
3つ扉のうち手前と真ん中だけ押さえよう

これはここに引っ越して来た時から
何度も頭の中でシュミレーションしてきたこと

地震が来たとして
この食器棚が前に倒れ込んでも前面の扉や
キッチントップが妨げになって絶対下敷きにはならないね
って計算はしていたんです

このあとの片付けのことなんかも考えて
最小限に食い止めたかった!

もちろんそれは揺れの大きさも考えてのこと   

建物自体が倒壊するレベルだと
また別の判断です

すごい揺れだったんだけど
このあと後片付けをしてる自分が
想像できたんです、なぜか…

直後はちょっと呆然として
少し経って停電してることに気付きました

テレビは消えてるし固定電話も使えないし
スマホで連絡取ろうとするも回線がパンクしてたのか
繋がらなかった

でも一斉にラインで

‘大丈夫?’

って尋ねてくれてありがたかったなぁ

ニュースも全く分からなかったんだけど
次女がテレビ画面を撮ってラインに添付してくれたので
状況がよく分かりました

震源 大阪北部

どピンポイントじゃない

こんなことってあるんだ

家のことは、
そのままにして出勤しました

私より帰宅難民だった娘の方が大変だったのです

難波駅降りたところでスマホの警報で
知らされるも、あの辺りで揺れは感じなかったそうだから
なんのことか分からず

そこから乗り換えて病院に行くことはできなかったので
4つ引き返して梅田でかなり長いこと足止めにあいました

電車の復旧を待つかタクシーか、はたまた歩きか…
電車を待つとすると大阪メトロか阪急か
迷いに迷い

メトロは江坂が線路と送電系統が損傷して
なかなかに復旧は難しい模様

一方阪急は神戸線が先に復旧し
着々と復旧してるので、もしかしたら宝塚線も
イケるかも!って期待高まる

家族ラインで励ましながら
情報も送りながらやってたんですけど

最後、父親の

「宝塚線運行再開!」

を見て娘のスマホ充電切れ〜

そのまま阪急に向かったそうで
6時に無事帰ってきました〜

緊急時はスマホ必須ですね
そして充電と最新の情報も!

時々中途半端に65%くらいな感じで出掛けて
ますけど、今朝はフル充電にしました

ライフライン、電気水道は比較的早く復旧しますが
ガスが一番遅れます

ガスはメーターのところでできると友人に聞いていたので
私でもできましたが、お風呂はまた別の様で
状況が全く分からなかったので
感電ガスさんに電話してサポートして頂きました

対応して下さった方のホスピタリティーが素晴らしく
て感動しました

これでライフラインばっちり!
と思っていたら今朝から断水が始まりました

でも帰宅する頃には終わってるはずです

水が出ないって本当に不便
ちょっとした洗い物や歯磨きと
たちまち困りますから

前日から分かっていたのでペットボトルの水でしのぎました

遠くで地震が起きたとかプレートが活動してるとか
人ごとと思わない注意って必要って今回
身に滲みて分かりました

先の
揺れてる真っ最中に食器棚の扉を押さえるなんて真似は
しないで下さいね

どのマニュアルにも
食器棚から離れるは鉄則のようですから

私の場合、あくまで自己責任で判断しました

今回処分する割れ皿は不燃ゴミ袋1つで済み
ちょっとホッとしています


大阪の私を気遣って連絡をくれた家族親戚友人のみんな

それにこのブログの開設時から
いち早く私のblogを見つけて下さり
仲良くさせて頂いている方からもお気遣いいただき
本当にありがたく感謝の気持ちでいっぱいです


ありがとうございました!

気をつけてますので
心配しないで下さいね

大丈夫です!






にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ
にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント10
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントNob | URL | 2018-06-19-Tue 19:30 [EDIT]
お見舞い申し上げます。早速ボランティアに循環器センターに来ています。大変でしょうが一度ボランティアを経験されれば色んな事が見えてきます。やらぬ善よりやる偽善!力のある方は力を、時間がある人は時間を、どちらも無い人はお金を、何もない人は祈りをお願いします!
ちなみに私の専門は呼吸器ではなく、胸部【心肺】です。
コメントうた | URL | 2018-06-19-Tue 20:23 [EDIT]
ご無事で良かったです。
怖かったでしょうが、冷静に判断されて、後のことまで想像できたなんて!
やはり普段のシュミレーションは大切ですね。

長女も、友達からの案じてくれる連絡を、ありがたいと言っていました。
特に被害はなかったようです。

しばらくはお気をつけください。
コメントhitomi | URL | 2018-06-19-Tue 20:33 [EDIT]
Naomiさんっ!
ご無事でよかった~(TwT。)
確かに「こっちかーい!」だと思います(笑)
日々のシュミレーションや備えが大切ですね。
大変ですが頑張ってください!
コメント太太 | URL | 2018-06-20-Wed 06:59 [EDIT]
大変でしたね(T_T)
ご無事で何よりです!
暫くは余震の心配もありますし呉々も気をつけてくださいね!
コメントぶっちー | URL | 2018-06-20-Wed 07:21 [EDIT]
なおみさん、本当に怖かったですね。
朝、長女と二人で揺れが収まるまで抱き合ってました。
長女はフレックス出社でゆっくりしていたので、電車が動かず会社には行けませんでした。
娘さん、大変だったんですね。無事に帰ってこれて良かったです。

私も伊丹で2度目の大地震、これ以上起こらないことを祈るばかりです。
Re:Nobさん
コメントNaomi | URL | 2018-06-20-Wed 12:43 [EDIT]
ありがとうございます。
そうでしたか!循環器病センターにいらっしゃってるのですね。
肺がご専門でしたね、失礼しました。
詳細はわかりませんが、そちらでは非常用の電源が水没して電気やガスが遮断され
大変なことになってると聞きました。
透析や人工呼吸器等の必要な患者さんがそれぞれ最適な場所に搬送されたことを
祈るばかりです。
Re: うたさん
コメントNaomi | URL | 2018-06-20-Wed 12:48 [EDIT]
うたさん、ありがとうございます!
高槻や茨木の友人に比べたらこちらはまだ軽い方です。
送られてきた写真を見ると何から手を付けていいやら…
のすごいことになってましたから…

心細い時に励ましのお言葉、本当にありがたく嬉しいです。
Re: hitomiさん
コメントNaomi | URL | 2018-06-20-Wed 12:55 [EDIT]
日本は活断層だらけだし、いつ動き出すか?
なんてこの科学が発達した現代でも分かりませんものね!
やはり個々の防災意識と地域の訓練。
hitomiさんはきっと、私なんかよりずっと冷静に行動されると
思います。
防災訓練バッチリの静岡の方は筋金入りですよ
Re:太太さん
コメントNaomi | URL | 2018-06-20-Wed 13:00 [EDIT]
太太さん、ありがとうございます!
あれから小さい余震は何度もきています。
昨日お買い物に行ったお店では、買い物客の皆さんのスマホが
あちこちでそれぞれのタイミングで鳴り始めるものだから
ある意味面白かったです。
48時間は経過しましたが、引き続き気を引き締めて頑張ります!
Re: ぶっちーさん
コメントNaomi | URL | 2018-06-20-Wed 13:08 [EDIT]
今回の揺れは小さいのから徐々に大きくなっていくのではなく
いきなりドーンガタガタ〜でしたね(汗)
私はそのとき既に家に一人だったので一人で耐えてましたi-201
お嬢さま、ほんとに良かったですね!
こういうところがそれぞれの運の違いなんでしょうね。
長女も1時間違ってたら家出ることなかったのに〜
って言ってました。
私も2度あっても3度ないことを祈ります!
トラックバック
TB*URL
<< 2018/07 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ミセス画報. all rights reserved.