お洒落と食べることが大好き
ミセス画報
大阪で年越し
2014-12-31-Wed  CATEGORY: 料理
j1.jpg

今年は年末年始
帰省せず長女と二人、大阪で過ごしてます

昨日は長女と二人で買い物に出掛けました

お正月用のあれこれ

レジの前もいつも以上に長蛇の列…

でもなんだか年末の活気があってキライじゃないなと思いました




さて、大阪で長女と二人で過ごしているのは
ちょっとワケがあるからなのです


今月12月、ある土曜日の夜

トラックと衝突事故に遭いました

あっ、ちょっとビックリさせてしまいました

私は大丈夫です!

時速何キロかで横断歩道を渡ってるわたしと
時速何キロかの右折スピードで入って来た2.7tトラック

普通で考えたらこんな軽傷で済んでること自体
ウソのようです

運転手さんが飛び出してきて

‘大丈夫ですかっ’

‘あー救急車お願いします、20代の女性ですっ’

って言ってるのが聞こえた

えー違うよ
どうしよう救急隊員さん達、20代の女性って思って来るよ
恥ずかしい~

そんなバカなことを考える余裕もあったかな(笑)

直ぐ近くを歩いてた日産の方が助けに来てくれました

しばらくその場にじっとしてたんだけど、
支えてもらったら立てそうな気がした

立ったら今度は歩けそうな気がした

ちゃんと自分で歩いて救急車に乗り込みました

もちろん、年齢聞かれましたよ(笑)

座席に座って自分自身を確認して
不思議だけれど、私には擦り傷ひとつありませんでした

雨上がりでアスファルトは濡れていたし
買ったばかりのランブルスコ2本のうちロゼは割れてしまったので
私の洋服は汚れたり擦り切れたりしててもおかしくないのに
今年買ったばかりのコートはどこも汚れていなくて
今でも新品同然に見える

病院ではレントゲンもたくさん撮ったし頭のCTも

どこにも異常なし!

あとで夫が、

‘お父さんが守ってくれたんだよ’

って言いました

ほんとにそうかもしれない

義父との最後のお正月、もう何もしてあげられることが
なくなったので、夫と二人で足のマッサージをしてあげました
私の担当は左足

歩かなくなった義父の足はすっかり細くなっていました・・・


義父は海外に行く度に、
エルメスやディオールの品をお土産に買って来てくれました

洋服好きの私が、服があちこち破れたりしたら
悲しむと思ったのかな?

私だけじゃなく服やバッグまで無キズ

‘よくこの程度で済みましたね’

とか

‘奇跡です’

って言われます

トラックにぶつかったので打撲の身ではあります

でも打撲のところにアザもないんです

改めて整形外科で診てもらった時も、
看護師さんにレントゲン撮るのに印を付けてもらったほどです

月曜日には普通に出勤もできましたしね
仕事は一日も休んでないです(^^)/

ついでに後日、ランブルスコのロゼを買い直しに行ったら
白、赤、ロゼの中でロゼだけ特売になってました


普段ひとり暮らししている義母にせめてお正月は
賑やかに過ごして欲しいと思い、夫と次女は帰省することにし
私と長女が大阪に残ることにしました

私も少しゆっくりしています


お義父さん、ありがとう

今こうして命があることに感謝して一日一日大切に過ごします




娘と二人で食べた年越しそば
年越し蕎麦

年越しタイムよりちょっと早めで…

この時期なんでも牡蠣を入れてる

‘写真撮ろうかな’

ケータイケータイって探したりしてる間に
すっかり蕎麦がのびてしまいました(笑)


みなさまもどうぞ良いお年をお迎えくださいね(^^)





にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ
にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2015-01-01-Thu 08:11 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: お返事
コメントNaomi | URL | 2015-01-01-Thu 23:57 [EDIT]
ありがとうございます(^^)

ほんとに大事に至らなくてホッとしています。

ご家族揃ってのお正月はもう少しだけ先なんですね。
ご主人様が戻って来られるの、待ち遠しいですね!

大阪は今日午後から雪が降りました。
札幌では珍しくないでしょうけど大阪ではちょっと珍しいです。

ご家族皆様にとって良い1年でありますように!!
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 ミセス画報. all rights reserved.