お洒落と食べることが大好き
ミセス画報
和のテーブルと日本の作法
2014-10-13-Mon  CATEGORY: 趣味
和のコーディネート

三連休の初日11日

苦楽園にある暮らしのサロンstyle in lifeに行って来ました

最大級と言われる台風19号は上陸前で
行き帰りの道中も爽やかな風に吹かれながでしたので
お散歩するには絶好の季節です

先生のお宅のドアホンを鳴らす時はいつもワクワクです

和モダンスタイルにコーディネートされた玄関

リビングに通していただき今回のアレンジも本当に素敵でウットリしてしまう

純然たる‘和’だとマンション暮らしの私には取っつきにくかったりしますが

和モダンだと取り入れやすい

今回のテーマは

おもてなし…「和のテーブル」  

同じテーマではもう三回目なのに
いつもとても新鮮な気持ちで聞いているワタシ

私が忘れていることもあったり、先生のお話も新しい内容が
盛り込まれているので全く飽きないのです

その中でも正しく美しいお箸の扱い方は直ぐにでも真似したい

先生のお話を伺いながら箸使いというのは
お茶の作法、茶杓の扱いと通じているなぁと感じました

ほんとに同じなのです!

さんざん義母に教わったはずなのに実践できていないダメなワタシ(笑)


就学前、左利きだった私を父親に右利きに直されたのを
覚えています

それはナゼか母親でなく父親でした

右手で鉛筆を持って書くとなおみの‘み’の字がどういうワケか
器用に線対象にひっくり返ってしまいなかなか上手く書けなかったんです

むりやり右利きにしたせいかどうか分からないのだけど
どうも私のお箸の持ち方は、気を付けていてもどこかぎこちないのです

susie先生のお箸遣いは本当に綺麗

完璧を見せて頂くとやはりそこに近付きたいと思います

それからお椀の蓋の美しい開け方も教わりました

帰ってから娘達相手に大講習会です(^^)/

先生のレッスンはお作法だけでなく
和のテーブルコーディネートのヒントや器の知識、
お正月の謂れについて多岐に渡っていてたくさんの学びがあります

今回は、初めてこちらのサロンに来させて頂いた第一回に
ご一緒した方にお会いできました

とても洗練された佇まいで知的な雰囲気の方なので
よく覚えているんです

またご一緒できて嬉しかったです

またいつかお会いできますように…





車窓

阪急沿線の車窓から

景色を眺めながらの道中もまた楽しいのです(^^)

今年最後のレッスンは11月下旬

次は銀杏の季節かしらね





にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ
にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントロゼ | URL | 2014-10-14-Tue 15:27 [EDIT]
うわ~~、このテーブルのしつらい、素敵すぎますね。

 私は、夫の実家が輪島塗屋で今年もたくさん調度品が送られてきて、お正月にしつらいをしなければならないのに、どうしていいか全くわからないのです。

 私のインテリアはエレガント系モダンなので、まさにこういう感じ理想ですね。。。

 習いに行きたいけど、関東だと良かったです(泣

 このキャンドル立とか素敵すぎですね。どういうところで買うのかしら。。。
Re: ロゼさん
コメントNaomi | URL | 2014-10-14-Tue 20:33 [EDIT]
たくさんの輪島塗に囲まれた生活羨ましいです~♡

私は輪島の黒塗り朱塗りの高台のお椀があればいいなぁと思ってます。
お料理が映えますものね(^^)

今回も茶菓子や六角形の器等たくさん教えて頂いたのですが
キャンドルホルダーは聞き忘れてしまいましたi-201

先生のblogでカテゴリーの中にtablewareがあり、
tablewareに限らずですけど、参考にさせて頂くためよく見に行っています。

お正月、素敵な室礼に仕上がるといいですね(^^)
漆塗
コメントロゼ | URL | 2014-10-15-Wed 13:35 [EDIT]
Naomi様
 
 コメントありがとうございます。
もし、輪島塗のお椀やお重など、婚礼仕度など?お入り用でしたら
メールからお声掛けください。
 夫の実家は、水戸黄門の印籠を作ったんですよ。
http://www.cal-net.co.jp/mito_35/main/press/
 この「制作させていただきました」の人が義父です。

 夫だけが家業を継いでいないので、私は気楽なものですが(笑
Re: ロゼさん
コメントNaomi | URL | 2014-10-15-Wed 21:01 [EDIT]
拝見しました!

私もいつか若島宗斉先生の器を使ってみたいです。
漆器の匂いって大好きなんです。

使うたび水戸黄門を思い出しそう~(^^)

素敵なお義父さまをお持ちですね。
ご親切にお知らせ下さいましてありがとうございます。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ミセス画報. all rights reserved.