お洒落と食べることが大好き
ミセス画報
家族のこと
2017-05-31-Wed  CATEGORY: 暮らし
sougi.jpg

明日から6月ですね

少しblogの手が止まっていました

実は、20日に父が旅立ちました

19日、
会社に着くなり父が入院している先の担当医師から連絡があり
父の様子の説明を受けました

「あとどのくらいですか?」

「…おそらく今日明日だと思います」

覚悟はしていたもののその言葉に倒れそうになりました

あ~すぐ帰らないと

会社には早退の旨告げ
一目散に帰宅し気が付いた事だけして
新大阪駅に向かいました

どうか間に合って・・・

病室に着いたら今まで見た事もないような
父の顔つきに唖然としました

前日18日の夕方からモルヒネが始まっていたそうです

入院してからと言うもの
父は水の中にいるようだとよく言っていました

呼吸がうまくいっていない様子は傍から見ていても
可哀想でした

母が言うに
モルヒネ開始から4時間くらいはそれまで通りの
会話が出来ていたそうです

19日午後は私達家族親族が集まったので
おそらく医師がモルヒネを少し中断してくださったのでしょう

父はだんだんともとの表情に戻っていきましたが
眉間にシワを寄せ苦しがっているのは分かりました

お父さん分かる?
帰ったよ
コウちゃんもいるよ
もうすぐユリエちゃん来るよ
後の事は心配いらないよ
・・・

いろんな問いかけに
父は喉の奥を鳴らすようにして声を出したり
小さく頷いたりして応えてくれました

目の周りは涙で濡れていました

父と意思を通わせる事はできたのだけど
これ以上苦しませてはいけないと思い
苦しみを除いて頂くようお願いしました

次の日の朝
血圧は半分になってしまいました

応答はなくなっても聴覚は最後まで残るそうなので
私達はできるだけ父に声かけしました

‘お父さん一生懸命働いてくれてありがとう’
‘お父さん育ててくれてありがとう’

最期は
私が父の左手を弟が右手をしっかり両手で
握りしめていた時、ろうそくの火が消え入るように
静かに息を引き取りました

夜7時48分でした

親との別れは誰にでも必ず訪れてくるもの

皆さんそうですね
分かっていてもとても寂しいのです

父は80年と5ヶ月と4日の生涯でした

こんな風に言ってみたのは

今月初め
GW中に義母と夫と私とで病室を訪ねた時に父が、
「今日で56年と2日じゃ」と言ったんです

なんの事かと思ったら
母と結婚して56年と2日だそうで
80のおじいさんが
-父は本当に若々しくて
最期までおじいさんっぽくなかったのだけど-
そんな事言うのでちょっと可笑しかったんです


父には
じゅうぶんな親孝行も出来てないままだったと思います

夫が
‘その分は俺があの世に行ってからするよ’
と言ってくれました



父の2ヶ月の入院生活の間
担当して下さった医師や看護師さん達には本当に
良くして頂きました

最初のM病院からリハビリのY病院に移って
担当のナカムラ先生(女医さんです)から弟が
説明を受けた時
「この病気は治りません・・・」
と涙ぐんでお話しくださったそうです

父が亡くなる3日前に最初のM病院に戻り
父が亡くなった後、
ヤマネ先生(こちらも女医さん)のお話しの中で
父は去年1月から8月まで家族に内緒で
通院していたことを知りました

これまで私の知る父は元気過ぎた事もあって
誰も父が病気になるとは想像すら出来なく

内緒にしていたのは
驚かせてはいけないという思いやりからだったのだと思います

12月に肺に水が溜まっていた事が分かり
水を抜いてからは目に見えて弱っていったそうです

3月下旬に自宅で転倒して運ばれ
そのまま入院しました

こんな経緯ののち

父が息を引き取って
私達家族は看護師さんと一緒に
父の身体をきれいに拭き
着替えもしてうっすらお化粧もしてあげました

霊安室から出て私達が病院を去る時
ヤマネ先生と看護師さん二人が病院の外まで
見送りに来て下さり

一緒に歩きながらヤマネ先生が

‘もっと早くお知り合いになりたかった…’
と言ってくださいました

父が通院していた時
先生から家族に話したい事もあったのだと思います

今となっては
どうしようもないことなのだけど
医療に携わる関係者の皆様が
こんなに家族のように親身に寄り添ってくださった事が
本当に嬉しく
父の事を思い出す時
大きな慰めにもなっています

ありがとうございました
お世話して下さった皆様方には感謝しかありません


父の葬儀は
家族葬にし内々の親しいものだけで
執り行いました


それでも父は7人きょうだいの6番目だったので
伯父さんや姪や甥が来てくれ

父縁の親族と一緒に送る事ができて
本当に良かったと思っています

父のきょうだいは皆長寿なので
それからすると父は随分と早く逝ってしまいました

長男(享年96歳)
長女(95歳)
次女(91歳)
次男(86歳)
三男(戦死)
四男(父享年80歳)
三女(幼い時病死)

父は入院してからというものすっかり涙もろくなり
いつも感謝の気持ちと優しい言葉を私達に
残してくれました

父の娘で良かったと思います

内々での葬儀でしたので
お坊さんのお経の後、
私から父と参列頂いた皆様に向けてお手紙を読み
最後の挨拶は弟がしました

ささやかな見送りでしたのに
供花や果物、弔電やお供えが届き
恐縮してしまいましたが
心からありがとうございました

今は何をしていても
父の事を思い出しては
目や鼻の奥がジンと熱くなってしまうのですが

今日こうして
ここに書く事で
改めて向き合い父の死を静かに
受け入れたいと思います。





にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ
にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
ページトップへ  トラックバック0 コメント20
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 ミセス画報. all rights reserved.