お洒落と食べることが大好き
ミセス画報
いつかが叶った日、フジコ・へミング
2017-07-12-Wed  CATEGORY: 映画・音楽
フジコ・へミング

いつか・・・

生きていらっしゃる内に演奏を聴いておきたい!

と思っていたお一人がフジコ・へミングです

そんな話を友人ミドリさんが覚えててくれて
今年初めにチケットを取ってくれました♪

あれから半年
待ちに待ったコンサートです

初めて聴いたのは18年前
確かNHK特集だったと記憶しています

彼女のラ・カンパネラに心が震え
気が付いたら泣きながら聴いていました

フジコさん

84歳の現役ピアニストでいらっしゃいます♪

演奏もさることながら
フジコさん、絵もお描きになります

いつだったか百貨店で個展が催されているのを
みたことがあります

何ともお洒落で可愛らしい絵です


この日はショパンのコンチェルトや
ラフマニノフ

そしてアンコールにラ・カンパネラがありました


モスクワフィルは全員あちらの方々なので
外国で演奏会を聴いているようでした

ユーリ・シモノフの指揮も
素晴らしかったです

いっぺんに大好きになったくらい!




中之島のフェスティバル・ホールは
festival H

天井も高く幻想的






公会堂awake

中之島に来るときはいつも心が浮き立ちます

街並がキレイで

パリやウィーンのヨーロッパの街並に似ています

この重要文化財中之島公会堂にあるレストランAWAKEで

コンサートの前に
友人3人でランチしました

友人トモコさんのお誕生日お祝いに!





AWAKE
awake.jpg

フレンチ・イタリアンをいただけます





ランチは、
lunch c

3プレートコースにしました





レストランを出て館内少し見て回りました
天井

天井のステンドグラスや階段も
ルネッサンス様式で素敵

この日、3階の会場では
社交ダンスのパーティーが開かれていて
それはそれはきらびやかでした

大人の街

中之島

是非訪れてみてくださいね






にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ
にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
美女と野獣
2017-05-02-Tue  CATEGORY: 映画・音楽
BeautyandtheBeast.jpg

ディズニーのプリンセス系ストーリーで
私の中で揺るぎない不動のベスト3は

リトル・マーメイド
美女と野獣
アラジン

あら、困った

アナはどうしよう・・・笑


「白雪姫」「シンデレラ」「眠りの森の美女」
がクラシックプリンセスだとすると

「リトルマーメイド」「美女と野獣」「アラジン」は
ニュープリンセス

クラシックお姫様達はいつか王子様が助けに
来てくれるのを待つのが定番だけど

ニュープリンセス達は
自分の意志を持って未来を切り開く
パイオニア系

とでも言いましょうか・・・




さて、やっと見に行って来ました
theater8.jpg

最終のレイトショーでもこの賑わい

ビックリです

ベルがハーマイオニーを越えましたね


ストーリーは言わずと知れたものだけど
原作、アニメ版、実写版と
少しずつ進化しています


ベルと野獣(名前を付けて欲しかった…)の
ラブストーリーに
ジェンダーフリーや人種差別解放の
メッセージ性もあるかな

一番好きなシーンは
何と言っても
二人がボールルームでダンスするシーン

ベル/エマ・ワトソンが超かわいい

この時、誰もが野獣の姿の向うにある
本当の王子の姿をあらん限りの想像力を
かき立てながら見たと思います

ー私も出来る限りネットでも何でも人間に戻った王子の姿を
見てしまわにように気をつけました(笑)

劇場でのお楽しみねー


それだけに
私としてはラストのシーンがちょっぴり残念でした

美しくまとまり過ぎていて・・・

そこは
シンプルにアニメ版と同じが良かったなぁ


それにしても映像的にはオリジナルを忠実に再現しながらも
実写版ならではのきらびやかさと壮大さが加わり
ストーリーも新たな解釈が加えられたりして感動を呼ぶ
夢のような2時間でした


まだ余韻の中にいます

もう一回劇場で見たいと思います





にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ
にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
届け、ブルキナファソの青年達へ
2016-07-11-Mon  CATEGORY: 映画・音楽
KF koncert

日本には、
アフリカ・サヘル地域の砂漠化によって生活を脅かされている人々を
支援するNGO団体「緑のサヘル」というのがあります

そして、その活動を支える
「アフリカの砂漠で木を植えている日本青年を支援する会」も
今年で活動26年目を迎えます

遡って「緑のサヘル」と「アフリカの…青年を支援する会」
の出会いは1992年、
パリのシャルル・ドゴール空港でした

アフリカの奉仕活動から
休暇で日本に帰る途中のシスター永瀬さんと
娘達のピアノの恩師リカコ先生のお母様が、
そこで偶然会われたのです。

それから発足した支援活動は
これまでに2300万円を超える寄付を行ってきました

当初はバザーという形で
2003年からは
チャリティーコンサートで

そのチャリティーコンサート、
今年は
ソプラノ歌手の幸田浩子さんとバリトン歌手の福島明也さん
ナビゲーターに桂春蝶さんをお迎えしての開催♪
笑い有り感動有りのとびきり素敵なコンサートでした






ロビーには
展示kf

現地の活動を伝えるパネル展示もありました


blogを始めてから
おそらく毎年書いてきましたが

アフリカのブルキナファソ、チャド、タンザニアで一生懸命
頑張っている日本青年達がいることを
心の片隅にでも残して下されば…

そしていつかの機会に
彼らを応援して下されば
こんな嬉しいことはありません






にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ
にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ミセス画報. all rights reserved.