お洒落と食べることが大好き
ミセス画報
お別れの日
2011-05-01-Sun  CATEGORY: ペット
とうとう最期の日を迎えてしまいました。

ずっとウチで飼っていた桜文鳥のティモちゃんです。

ここ数日、餌も食べ飛ぶことも出来ていましたたが、
日に日に弱っていく様子は否めませんでした。

連休に入りいつもより一緒に過ごす時間も増えたので
出来る時は手の平に乗せ代わる代わる温めてやりました。

次の朝、夫の手の中ですっかり温まったあと、私の所に飛んできて
肩にとまり後ろ左右にピョンピョン飛んでひっきりなしに
さえずってくれました。

`そんなに鳴いたら苦しいでしょう?’

っていうくらい。

午後出掛ける用事があったので出掛けましたが、
戻ってから2時間ばかり手の中で温めました。

そうすると気持ちよさそうに目を閉じるんです。

朝一番に起きた夫がまた温めてやりしばらくすると
バタバタと羽を震わせ長女の方に向かって飛んでいく途中
落ちた形で床に降りました。

その時、目は開いていましたが、

長女が手ですくい、それから直ぐに息を引き取りました。

とてもとても悲しかったけれど、
一人ぼっちの時に逝かなかったのがせめてもの救いでした。




9年前のゴールデンウィークにわが家に来たティモちゃん。

当時小5だった長女のお誕生日プレゼントとして
少し早めに飼い始めました。

ペットショップの小さな箱に2羽のヒナがいました。

長女はなんとなく人懐こそうな方を選び

「今はオスメス分かりませんがくちばしが鮮やかでよく鳴けばオスです。」
と、教えてもらいました。

ほんとにその通りくちばしは鮮やかな濃いピンクになり
そしてよくさえずり私達を喜ばせてくれました。



人は生きる中で様々な岐路や選択があります。

ある方の詠まれた歌に、

`かの時に我がとらざりし分去れ(わかされ)の
片への道はいずこ行きけむ’

というのがあります。

あの時に選ぶことのなかった分かれ道の片方は
どこへ通じていたことでしょう。

という意味だと思いますが、
なにかにつけよくこんなことを思います。

比べることが出来ないからこそ自分の選んだ物や道を
より良くしたいのです。

ティモちゃんがウチに来て幸せであったのならいいと思います。





何日か前の様子。
ティモ

鳥の一年は10年だそうで、そうすると90才。

長生きし、本当に私達を幸せにしてくれました。

午後、斎場に連れて行き火葬してやりました。


ありがとうね、ティモちゃん。

天国で安らかに…





にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ
にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
がんばる桜文鳥
2011-04-15-Fri  CATEGORY: ペット
Medi.jpg

ウチには9才になる桜文鳥がいます。

飼い初めの頃はヒナで全身毛もなくてスポイトのようなものに
水に浸した餌をつけてあげていました。

9年も一緒に暮らしていればれっきとした家族の一員です。

その桜文鳥のティモちゃんが先週の金曜日から
様子がおかしいのです。

口を上下に開けて呼吸をしている感じで
鳴き声も少しかすれて高い。

一昨日、動物病院に初めて連れて行きました。

ただの老衰?それとも病気?

先生の診断は気管支に炎症を起こしてる病気とのことでした。

開口呼吸は苦しいからだそうです。

ケージから出して飛ばすと消耗するのでさせないことと、
出来るだけ暖かくすること。

朝晩2回の抗生剤と消炎剤お薬も。

これは実に上手く飲んでくれます。

手のひらで包む様にしてやると幾分開口の幅が
小さくなる様に見えるんです。

家にいる時間はみんなで代わる代わる
そうしてやるようにしています。

薬は今迄に計4回あげました。

昨日今日と気のせいか体温が高いような気もします。

一日も早く薬が効いてまた元気に飛んだり水浴びする姿を
見せて欲しいです。

心からそう願っています





にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへ
にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
わが家の桜文鳥
2008-05-13-Tue  CATEGORY: ペット
sakurabunnchou Timothy

紹介します。
わが家の桜文鳥、ティモシー君です。
ティモちゃんと呼んでいます
6年前の5月に、長女のお誕生日プレゼントとして飼い始めました。

その時は、まだ毛も生え揃っていないヒナだったので
毎日注し餌をしていたんです。
スポイトのようなもので直接くちばしの奥まで餌を差し込むのですが
最初は慣れなくて失敗もしばしば…

今はすっかり成鳥ですが、ティモちゃんの大好物は
この小松菜なのです。
葉の上に乗ってくちばしが緑色になるまで
一生懸命食べてる姿がとっても可愛!

先月ハムスターのむくちゃんが逝ってしまって寂しいのだけど
ティモちゃんを見てるととても癒されます。

実はティモちゃんは家族の中で
私の事が一番好き
ケージから出すと真っ先に私の所に飛んで来て
可愛らしい歌やダンスを披露してくれます。







にほんブログ村 ファッションブログへ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ミセス画報. all rights reserved.